ゆるくはじめるWordPress.

フィードリーダーfeedlyのボタンをサイトに設置する

feedly-top

オレンジのRSSボタンと並んでよく見かける緑のfeedlyボタン。サイトが配信するフィードを読むのに必要な『フィードリーダー』の1つであるfeedlyへの登録ボタンです。簡単に登録できるボタンを設置しておけば購読してもらえるチャンスが増えるかもしれません。
簡単に設置できるのでRSS/Atomフィードの配信とあわせて使ってみてはいかがでしょうか。

feedlyとは

feedlyはwebサイトやブログの配信するフィードを収集、管理する事ができる『フィードリーダー(RSSリーダー)』です。気になったサイトのRSS/Atomフィードを登録しておけば複数のサイトの更新情報を一括して確認する事ができてとても便利。
数あるフィードリーダーの中でもfeedlyを利用している方が多いようで、あちこちのブログで緑色のfeedlyボタンを見かけます。スマホ用のアプリもあるので手軽に情報を確認できる点もいいですね。
RSS/Atomフィードについては前回の記事で書いています↓

関連

RSS/Atomフィードでブログの更新情報を配信する
ブログや企業のサイトによく設置されているオレンジ色のRSSボタン。フィードリーダーを使い始めるまではこれが何なのか正直よくわかっていなかったのですが、使ってみるとこれがとても便利な

feedlyアカウントの作り方

アカウントが無くてもボタンを作ることはできるのですが、確認などで実際使う事もあるかと思うのでアカウントの作り方も簡単に載せておきます。

feedlyアカウント登録

feedlyのサイトへ行き、『Get started』ボタンを押すとアカウントの登録画面が出るので、そこから新規登録するか、GoogleやFacebookなどのアカウントを利用してログインする事が出来ます。


feedlyボタンの設置方法

自分のサイトのフィードを登録してもらう事ができるfeedlyボタン。設置するにはまずFeedly buttonページを開きます。

feedlyボタン作成step1

Step1で好みのボタンデザインを選んでクリック。


feedlyボタン作成step2

次のStep2で自分のサイトのフィードのURLを入力。自分のサイトURLの後ろに/feedと付けたものがRSSのフィードになっているはずです。念のためブラウザのアドレスバーに打ち込んで表示を確認しておくと安心。

URL入力例

http://yuruwarp.com/feed

Atom形式でボタンを作りたい時は下記のように。

URL入力例

http://yuruwarp.com/feed/atom

自分のサイトで試してみたところ、RSSのURLは/feed/rssも/feed/rss2もどちらも/feedにリダイレクトされるようになっていたので現在RSSの配信は/feedで統一されているのではと思います。ちなみにfeedlyではRSSとAtomで登録数が別々に集計されています。


feedlyボタン作成step3

Step3で完成したボタンのコードが表示されているので、これを自分のサイトの好きな場所にコピペすればOK。これだけで設置完了です。


feedlyボタンからフィードを登録

feedly購読ボタン

サイトに設置したfeedlyボタンをクリックするとFeedlyにサイトのフィード内容が表示されるので、サイト名の横にある『+feedly』ボタンを押せば購読リストに登録できます。

スポンサーリンク

公開日: