ゆるくはじめるWordPress.

かわいいからカッコイイまで!Google Fontsおすすめ20選

google-fonts

ブログやサイトのタイトル、アイキャッチ画像に入れる文字など、Webデザインでもかなり役立つ『Google Fonts』。
フォントってそれだけで強い印象を持っているので、デザインが苦手、画像を作るスキルが無い、そんな場合でもフォントにちょっとこだわってみるだけでぐっと見栄えが良くなったりします。

でも数が多くて選ぶのが結構大変。どれを使えばいいか悩む。
そんな時に参考になるよう、いくつか気になったフォントを画像と組み合わせて一覧にしてみました。ちょっとクセの強いものなんかも入れてます。

Pick up! 20Fonts

lobster

Lobster


fredericka-the-great

Fredericka the Great


codystar

Codystar


pacifico

Pacifico


comfortaa

Comfortaa


wire-one

Wire One


niconne

Niconne


sacramento

Sacramento


quicksand

Quicksand


sofia

Sofia


poiret one

Poiret One


cinzel decorative

Cinzel Decorative


megrim

Megrim


clicker script

Clicker Script


plaster

Plaster


alex brush

Alex Brush


chewy

Chewy


amatic sc

Amatic SC


special elite

Special Elite


great vibes

Great Vibes


Google Fontsの例文の意味

Google Fontsの例文『Grumpy wizards make toxic brew for the evil Queen and Jack.』。「気難しい魔法使いは、悪の女王とジャックのために毒を作る」?って何?
気になったので調べてみました。
そしたらこれ、パングラムと言われるもので、A~Zすべての文字を使って文章が作られているそうです。この一文でどんな形のフォントか全部確認できるって事ですね。へ~。
世界中で色々なパングラムが作られているようで、パングラムの上に回文になっていたり、どの文字も1度しか使用していない完全パングラムとか、なかなか面白かったです。日本で言えば『いろは歌』がこれですよね。ひとつかしこくなりました。

関連

簡単!便利!Google Fontsの使い方
数百種類ものWebフォントを無料で利用できるとってもありがたい『Google Fonts』。 ダウンロード不要で利用できる点が何より手軽で嬉しい。しかも商用利用も可能。すばらしい

スポンサーリンク

公開日:2016-1-21